WEBライティング技能検定があれば採用に強くなれる

レディ

ライティング能力を試す

勉強

繰り返し文章を書くこと

クラウドソーシング業務を扱っている方のなかで、ライティング技術を向上させたいと考えている場合は、WEBライティング技能検定を受けるといいでしょう。ここでは社会人としてのマナーやクラウドソーシング業務をどのくらい理解しているのか、または単純にライティング技術をの程度を試されます。WEBライティング技能検定は月に1回WEB上で行われ、試験時間は90分です。試験には選択式問題と記述式問題があり、一定の基準を満たすと合格証書と認定カードが送られます。WEBライティング技能検定は民間資格ではありますが、試験に合格すると特定のクラウドソーシングサイトでの活動が支援されます。具体的にはクラウドソーシングサイトから単価の高いライティング案件を紹介してもらうなどの特典が受けられ、更なる収入アップを望む人にはおすすめの試験です。WEBライティング技能検定では知識だけではなく、ライティングのスキルを磨くことが重要です。本試験では与えられたキーワードやテーマをもとにしてライティングを行いますが、全体として読みやすい文章に仕上げなければなりません。接続詞や助詞の使い方が適切であるかや、誤字脱字がないかなどがチェックされます。また制限時間があるので、時間内に決められた文字数で文章を書く能力が求められます。採点基準のポイントはテキストやWEBでチェックすることができます。しかしライティング能力を上げるためには、様々なテーマで文章を書くことが大切です。繰り返し書き続けることをおすすめします。